キャバ嬢の本が人気!水商売でもそうでなくても読みたいおすすめ10冊!

キャバ嬢の本が人気!水商売でもそうでなくても読みたいおすすめ10冊!

一昔前まで、キャバ嬢というと一般の人からは縁のない存在でした。しかし、インターネットの発達により、人気のキャバ嬢は一般人にも知られるほどの認知度を獲得しています。例えば、歌舞伎町の伝説的キャバ嬢「愛沢えみり」さんや、関西の伝説「門りょう」さん、東海の伝説「小川えり」さんなどが特に有名ですね。今やキャバ嬢は夜の世界だけで活躍する存在ではなくなっています。

そんな中、キャバ嬢が執筆した本や、キャバ嬢のバイブル本が人気です。実際にキャバ嬢や夜の仕事をしている人だけでなく、一般の世界でも活用できるノウハウやマインドについて書かれています。今回は、キャバ嬢関連のおすすめ本を10冊ご紹介します!
 

Advertisement

超人気キャバ嬢の本おすすめ8選

まずは全国的に名前の知れた、超人気キャバ嬢が執筆した本を8冊ご紹介。莫大な金額を一夜にして生み出す売れっ子キャバ嬢の考え方や行動は、水商売以外の仕事にも生かすことができるもの。超売れっ子になったキャバ嬢のマインドを覗いてみましょう!
 

愛沢えみりの“一生可愛く、好きなことして自分らしく楽しく生きる!”45のマイルール/愛沢えみり

歌舞伎町でナンバーワンに輝き、引退後も伝説として語り継がれるまさにトップキャバ嬢の愛沢えみりさん。桁外れのお金を稼ぐ売れっ子でありながら、ニコニコ笑顔と人当りの良い話し方で、人として憧れているという女性も多いです。

そんな愛沢えみりさんが、仕事に限らず恋愛や美容、人付き合いなど、さまざまなことに対して大切にしていることを大公開。外見も内面もかわいい愛沢えみりさんの生き方をマネしてハッピーをつかみましょう!
 

なにもない私が結果を出せた理由 前を向く力/愛沢えみり

愛沢えみりさんの著書からもう一冊。この本は、複数ある愛沢えみりさんの本の中でも「ビジネス書」のイメージが強い一冊です。

決して運や容姿の力からだけではなく、努力して幸運を掴んできた愛沢えみりさん。そんな努力して結果を出すための考え方について書かれている、職業を問わずすべての人におすすめの本になっています。
 

ナンバーワンキャバ嬢の仕事とお金と男のホンネ/門りょう

北新地の伝説のキャバクラ「CLUB MON」の看板キャバ嬢であり、全国に名の知れた関西の伝説的キャバ嬢である門りょうさんの本です。

ハッキリした性格と話し方で女性ファンも多い門りょうさんの考え方が垣間見ることができる一冊になっています。門りょうさんの性格からは誰もが学ぶことがあるでしょう。
 

日本一売り上げるキャバ嬢の億稼ぐ技術/小川えり

東海エリアの伝説的キャバ嬢「エンリケ」こと小川えりさんの初の著書です。年間で360日の出勤、バースデーイベントでは2日で億越えなど、すべてが規格外の小川えりさんのキャバ嬢としての考え方がぎゅっと詰まっています!
 

日本一売り上げるキャバ嬢の指名され続ける力/小川えり

前作「日本一売り上げるキャバ嬢の億稼ぐ技術」の翌年に発売された小川えりさんの著書第2弾。1冊目よりもさらに踏み込んだ「稼ぐ技術」に加え、小川えりさんの生き方までもが綴られています。また、話題となった小川えりさん引退についての決意も収録されていますよ。
 

好かれる力/進撃のノア

20代前半にして全国に知られるほどの人気キャバ嬢までのし上がった「進撃のノア」さん。キャバ嬢になってからナンバーワンまでのスピードは、数多くいる売れっ子キャバ嬢の中でも断トツです。

そんな進撃のノアさんは、高校留学経験など変わった経歴の持ち主でもあります。これまでの人生経験やキャバ嬢経験から培った、売れっ子の考え方がつまった本です!
 

「一番」という生き方 95か月連続NO.1を続ける私の自己ブランディング術/桜井野の花

95ヶ月連続でナンバーワンをキープし、現在は自らキャバクラ経営もする桜井野の花さん。

本の表紙にも書かれている「一番か死か」というキャッチコピーはかなり強烈ですが、本の内容も一般人の思考では思いつかない「勝ち組」になれる人のマインドがぎゅっと詰め込まれています。自分を本気で輝かせたいと思う人は絶対に読むべき本です。
 

愛を注ぐ人 ~人生は愛すること、愛は与えること~/彩花ゆい

福岡の中州で圧倒的な人気を誇り、惜しまれながら引退したキャバ嬢の彩花ゆいさん。看護師からキャバ嬢に転身した異色の経歴の持ち主で、気取らない話し方から一般人女性からも支持されています。

そんな彩花ゆいさんの接客の特徴は「愛情」。駆け引きやテクニックではなく、愛を込めた接し方でここまでの売れっ子キャバ嬢になったんです。そんな彩花ゆいさんのキャバ嬢でありながらキャバ嬢らしくない「愛を与える人付き合い」が学べる一冊になっています。
 

キャバ嬢のエッセイ本おすすめ2選

一日で何百万円も売り上げるキャバ嬢は全体のごく一部。全国には、決して売れっ子ではないもののキャバ嬢として活躍する女性が大勢います。

ここでは、伝説のキャバ嬢ではないものの本を出版しているキャバ嬢のエッセイ本を2冊ご紹介。一般人には想像もできない世界を本の中で体験しましょう!

底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる/カワノアユミ

日本のキャバ嬢としては花開かなかった、自称「底辺キャバ嬢」の著者が、日本を飛び出してアジア各国のキャバクラで成功を収めるエッセイ本。日本のキャバ嬢としては芽が出ないからと、世界の飛び出す勇気は相当なものですよね。

一般人はもちろん、普通のキャバ嬢でも決して経験できないおもしろい体験談がつまっています。
 

OLですが、キャバ嬢やってます。/鏡なな子

キャバ嬢のみを仕事としている人だけでなく、一般OLとのダブルワークをしている人も少なくありません。「OLですが、キャバ嬢やってます。」は、まさにOLとキャバ嬢との二足の草鞋を履く著者によるコミックエッセイ。

「全国的に名前の知れた超売れっ子」ではなく、どこにでもいるキャバ嬢が主役になっているので、キャバ嬢でなくても共感できます。くすっと笑えて面白いキャバ嬢エッセイです。
 

まとめ

キャバ嬢による本は、決してキャバ嬢のためのものではありません。水商売には縁のない人が読んでも、人生に生かせる考え方やノウハウが詰まっていますよ。ぜひ、キャバ嬢の本を手に取って、新しい考え方への扉を開きましょう!