山本一慶が舞台「剣が君」を降板した理由は?新キャストは誰?

山本一慶が舞台「剣が君」を降板した理由は?新キャストは誰?

俳優の山本一慶さんが、出演予定だった舞台「剣が君」を降板すると発表されました。舞台初日まで一ヶ月を切っての降板発表で、舞台を鑑賞予定だった人にとっては驚きのニュースでしょう。しかも、山本一慶さんの舞台降板については「運営の対応に賛同できない」という少し不穏な理由です。

そこで、今回の山本一慶さんの舞台降板理由の詳細や、山本一慶さんに代わる新キャストについて調査しました。
 

Advertisement

山本一慶が舞台「剣が君」を降板

山本一慶さんが出演予定だった舞台「剣が君」を降板すると発表したのは、2020年6月10日のことです。舞台初日が2020年7月8日の予定ですから、一ヶ月を切ったタイミングでの発表でした。山本一慶さんが「剣が君」の舞台を降板すると発表されたのは、自身のTwitter上です。

その直後に、舞台「剣が君」の公式Twitterアカウントでも山本一慶さんの降板が発表されました・


 

山本一慶の降板理由は?

山本一慶さん側のツイートでは降板理由について「運営に対応に賛同できない」と説明されていましたが、「剣が君」側のツイートでは「一身上の都合」という説明がされていました。山本一慶さんの降板理由は何なのでしょうか?

山本一慶さんが舞台「剣が君」を降板されたのは、感染症予防対策の一環として運営が発表した対応に納得できなかったからだそうです。まず、舞台「剣が君」の運営は、販売済みだったチケットを一度回収し、購入者に対して払い戻しをしました。これは、鑑賞者がお互いに近づきすぎないよう、当初の予定よりも客席を減らすためです。

ここまではキャスト、お客さんともに納得できる話だと思うのですが、チケットを再販売する際の対応に問題がありました。運営側は再販売時のチケット価格を1.5倍の値段に値上げしたのです。つまり、当初1万円でチケットを購入していた観客は、そのチケットを一度返却、払い戻しをし、再び購入するときには1.5万円の値段で購入しなければならないということ。

これだけでもファンとしてはがっかりな対応ですが、プレミアムチケットと呼ばれる女性向けゲームの通販サイトで優先販売された特典付きチケットに対しては、払い戻し・再販売はせずにそのままだというのです。この対応によって、もともと一般のチケットよりも高額だったプレミアムチケットの価格が、一般のチケットよりも安くなるという逆転現象が起きてしまいました。

これら一連のチケットに関する対応を受けて、山本一慶さんは舞台を降板することにしたようです。
 

山本一慶の舞台降板に対する世間の声

山本一慶さんの舞台降板について、世間では山本一慶さんを支持する声が多いです。そもそも、チケットを購入していたファンの間は、今回の運営の対応には疑問を抱く声が多く、その運営に対してハッキリと「賛同できない」と意見した山本一慶さんの株が上がったことになります。


 

山本一慶降板後の新キャストは?

山本一慶さんが降板したのは舞台「剣が君」の鷺原左京(さぎはらさきょう)役です。物語の中では、復讐心から江戸に出てきたという設定になっています。

山本一慶さんが演じる予定だった鷺原左京は、現時点で新キャストが決まっておらず、公式ウェブサイトでもキャスト欄が空白になっています。しかし、舞台初日まで一ヶ月を切っていますので、運営側もすぐに新キャストのキャスティングを行うのではないでしょうか。
 

まとめ

山本一慶さんが舞台「剣が君」を降板された理由は、運営が感染症予防対策として行った、販売済みチケットの払い戻しと再販売における対応に賛同できなかったことでした。特に、チケットの値段も大幅に値上げされ、ファンにとっては納得のいかない対応だったこともあり、山本一慶さんは今回株を上げる形になっています。今後、また別の機会に山本一慶さんの演技が見られることを楽しみにしたいと思います。